• このエントリーをはてなブックマークに追加

中古ノートパソコンを購入時のメーカーにこだわらないメリット

ノートパソコンを購入する際に商品を選択するとき、購入価格は一番大きなポイントになります。新品で安価なものを探そうとすると、どうしても予算に見合う商品を探すのは難しくなり、そうなると中古パソコンも選択肢のひとつとなります。新品以外の商品を購入しようとする場合、どうしても知識が不足しがちになり、確認を怠ったり、価格ばかりに目がいって実際にはあまり使えない商品だったということが少なくありません。新品以外のノートパソコンを購入する際に気をつける注意点と、製品購入の際によく確認すべき点を踏まえて、新品を購入する以上の価格や機能面でのメリットを検討する必要があります。特にノートPCは外出先でも使用することが多く、安心して使用できることが大事になってきます。

新品以外のノートPCを購入するときの注意点

ノートパソコンを使用するからには家庭内や社内だけでなく、外出先での使用も購入する際のポイントのひとつになります。新品でないパソコンの場合、特にノートPCのバッテリーは保証の対象外となっている場合がほとんどで、商品によってはバッテリーの寿命がほとんど残っていないものもあります。目視で確認することが難しい部分なので、購入する際には電源コード抜いた状態での使用が可能かを確認する必要があります。新品ではないので、バッテリーの寿命についてはあまり期待するべきではありません。ノートPCに限らず、中古パソコンの購入を検討する場合は、付属品や取扱説明書の有無を確認し、本体の汚れや傷が購入に際して許容できる範囲にあるかなどを考慮する必要があります。新品以外の商品ではあっても、本体の保証期間を確認することも大切です。

メーカーにこだわらない価格のメリット

新品でなくともパソコンのメーカーは海外製よりも国内製品のほうが信頼感があり、実際の価格も国内製品のほうが高めに設定してあります。新品で購入して一定期間が過ぎていると、保証期間はなくなりメーカーのサポートなども受けることができません。このような状況では国内産のメリットはありませんし、OSや添付ソフトに差がなければ、海外製品のほうが価格的メリットは大きくなります。それぞれの個体の使用状況をよく把握して、価格に見合う製品を検討することが重要です。デザインよりも機能重視であれば、法人向けパソコンの中古も選択肢のひとつに入ります。一般的に法人向けパソコンは国産のリース品が多く、償却期間も3年から5年となっています。同価格の国内製品と比較するとより充実した機能の製品を購入することも可能になります。